疲れた心を労るコーン茶

【憂鬱な半日】

4月も後半になって、私の会社では昨年度の各人の働きぶりを上司に査定される時期になりました。

私は会社員ですが、28歳頃から会社員向いていないなと実感しています。それ以来、地方の中高を卒業して大学を卒業して、都内の一般企業に勤めてこのまま働き続けることに疑問を感じる日々です。

今日は私の昨年度の働きぶりを評価されたのですが、如何せん自己アピールが辛い。自分はこれだけ頑張った、会社に大きく貢献した、上司は全ての部下を一律に見ている訳ではないので、自分の頑張りを伝えることは大事なことは理解しています。しかし、口から出る言葉に気持ちがついていきません。単純に自分を大きく見せることが嫌いなのです。「控えめだなぁ」「次の階級を踏まえた時にこの自己評価は適正ですか?」。『どうでもいい』と正直に思ってしまうし、どうせ自己主張の強い人の方が評価されることも数年社会人をやってきているので段々分かってきており『どうせ』の様な気持ちもあります。それとは相反する様に、『今年も来年も評価されなかったらどうしよう』と周りと比較して落ち込む自分も同時に気持ちを覆い尽くします。これらの気持ちが身体中を駆け巡り、数十分のアピール時間がその後の一日に多大な影響を与えます。

私は終わった後に涙を流しそうになるのをグッと堪え、暗い気持ちのままその後の業務時間をやり過ごして家路につきました。

 

コーン茶に癒やしを乞う】

いつも悲しい気持ちになった時は固形物を食べる気になれず、22°もある寒くもない日に気持ちも体も温めるにはどうしたものかと悩んでいたときに、ふと休日KALDIで買ったお茶を思い出しました。コーン茶である。

内容量:15袋(5袋×3つに小分けされて入ってます)

価格:¥200〜¥300くらいだったはず(安くなってこの値段)

f:id:belcanto29:20210420221525j:plain

コーン茶

 もはやパッケージにも書かれている「やさしいひととき」、私が求めていた今の心に必要なこころを休めるための時間がここにはある。(安くなっているからという理由で買っておいてよかった、3日前の自分を褒めたい)

 

f:id:belcanto29:20210420222710j:plain

鍋で温めます

 

作り方は沸騰させた水にパックを入れて10分待つだけです。上の写真は10分後に再度温めている時に立ち上ってくる香を嗅いでいる時に撮ったものです。香ばしい湯気をいっぱいに吸い込むだけでホッとするので、弱火でしばらく温めてしまいました。私は香水が大好きですが、料理をしている時の匂い、雨上がりのコンクリートの匂いも春の風も秋のひだまりが気持ちいい日の外の匂いも、作ろうと思っても作れない匂いにはいつも助けられます。

 

f:id:belcanto29:20210420224208j:plain

出来上がり

コップ1杯、いや2杯一気に飲み干しました。出来上がったお茶はコーンの風味で満たされて苦味も少なく、今の自分が求めているホッとする味、’やさしいひととき’をもらった気がします。

市販のコーン茶は少し甘みを感じますがこれは甘さを一切感じないコーンのお茶です。本当のコーン茶はこうなのかなと。ホットでもアイスでも飲めるので、もう少し暖かくなってきたら冷たいコーン茶を一気に流し込みたい。

 

【明日からって何もかも捨てて】

飲み終えた後、ほんの少し落ち着いた、というより前を向いた自分がいました。それがコーン茶のお陰なのか、ボーッと見ていたテレビの力なのか、とにかく明日からまた自分らしく過ごそうと思えてる自分がいてホッとしました。

また辛くなったらコーン茶でも飲んでみようかな、と思った平日火曜日23時の投稿でした。

表参道のバルセロナ

 

先日ずっと行きたかったお店へ行って来ました。
それは

 

【bubo BARCELONA】

bubojapan.com

 

店名に「バルセロナ」と入っているようにスペイン発のパティスリーで、チョコレート、マカロン、ケーキを販売しています。
行こう行こうと思っていて行けずじまいでしたが、ようやく訪れることができました。

 

【場所】

国内の店舗は表参道店とオンラインショップでの展開となっており、今回は表参道店まで足と運びました。お店は表参道駅から出て裏通りを5分程の所にあり、ガラス張りのオシャレな建物に店舗を構えています。ちなみにお店の2階にはカフェも併設されており、1階で品物を選んでゆっくりと店内で楽しむこともできます。

 

住所:

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-6-5 Path表参道B棟

営業時間:

平日 12:00~20:00(カフェL.O 19:30)
休日 11:00~20:00(カフェL.O 19:30)

※定休日:火曜日(祝日除く)

 

【購入品】

今回はチョコレートとケーキをいくつか購入し、心ゆくまでバルセロナを堪能しましたので、その感想と個人的なオススメをお伝えさせていただきます。

(ちなみにケーキは全部で7種類販売されていますが、2種類は売り切れでした…)

 

・シャビーナbubojapan.com

まずはこちら「シャビーナ」。

見た目から分かるようにチョコレートのケーキです。

上にマカロンと店名「bubo」を冠したチョコレートが乗っています。見た目が可愛いです。

ダークチョコレートということもあり程よい甘さで、チョコレートのくどさを感じずに最後まで食べ進められます。

また、このケーキは香りがとても特徴的で、食べたら鼻からスパイスが抜けていきます。
食感は周りに付いているプラリネがアクセントになって、食べるたびにサクサクした食感がします。上に乗っているマカロンはそのまま食べても美味しいですし、(マカロンなのに)口直しとして食べてもちょうど良いです。

普段食べているチョコレートケーキとは一味違う、高級パティスリーのこだわりを感じる一品でした。

価格:¥918(税込)

f:id:belcanto29:20210415234139j:plain

シャビーナ

・フレスコbubojapan.com

続いてのケーキはこちら「フレスコ」というチーズケーキです。

私は乳製品が得意ではないため(臭みを感じるため)チーズケーキチーズも物によっては食べられないのですが、このチーズケーキは臭さはなくチーズの甘さだけを抽出したような丁寧な味でした。少しの酸味も感じられ、もう一口食べたくなるなと食べ進めていたら無くなっていました。ムース自体に脂分をあまり感じなかったことも理由の一つかもしれません。

中段にある赤いジュレラズベリーで、ジュレ自体の味は甘酸っぱいですが控えめな味付けになっており、ムースをより引き立てています。また、下の生地はサクサクしており、軽すぎないケーキの印象を付けているような感じがします。

価格:¥864(税込)

f:id:belcanto29:20210418224159j:plain

フレスコ

・レッドラブbubojapan.com

続いてはこちらの真っ赤なケーキ、「レッドラブ」。

毒々しくも見えるこの赤いケーキは、見た目に負けずケーキ自体の味もとても濃厚です。

ヨーグルトのムースの上には赤いチョコレートとラズベリーが乗っていて、このケーキもほのかにスパイスの香りがします。

上段で紹介しているフレスコよりもケーキ自体がとても甘いので、(ヨーグルトムースだからなのか)上に乗っているチョコレートと一緒に食べるとちょうど良い甘さになります。
今回購入したケーキの中では見た目と味に反して、そこまで印象には残らなかったかもしれないです。。。※言い訳ではなく、このケーキ含め全て美味しかったです

価格:¥864(税込)

f:id:belcanto29:20210418224608j:plain

レッドラブ

・マッシーニbubojapan.com

続いてはこちら「マッシーニ」。

私は初めて食べたのですが、フランスの伝統菓子「サンマルク」がベースになっているため、味に覚えのある方もいるかと思います。下からアーモンドスポンジ、チョコレートムース、バニラクリーム、キャラメリゼ、が重なっており、口に入れた瞬間にキャラメリゼの香ばしい香りが口の中に広がります。全てがバランスよく一つの味としてまとまっており、初めてサンマルクを食べたからなのかは分からないが、今回の5個の一番記憶に残っているケーキとなった。味も見た目もとても綺麗で是非とも食べて欲しいケーキである。
価格:¥864(税込)

f:id:belcanto29:20210418230329j:plain

f:id:belcanto29:20210418230359j:plain

マッシー二

・ジェイドbubojapan.com

最後を飾るのがこの「ジェイド」である。

個人的には今回買った中で一番見た目が好きなケーキである。シンプルで無駄のない装飾だが色で個性を出すこの外観はとても綺麗で何枚も別のアングルから写真を撮ってしまった。(結局上からの芸のない写真だが...)

パイナップルの味とココナッツの食感の組み合わせがとても爽やかであり、3月のまだ寒い時期に食べたが暑い時期にもう一度食べてみたいと感じる味だった。ケーキがあまり得意ではない方でも程よい酸味と甘みを感じられるこのケーキならば食べられるのではないだろうか。

甘い方が好きな方は上に乗っているホワイトチョコレートと一緒に食べるとベター。
価格:¥864(税込)

f:id:belcanto29:20210418230529j:plain

ジェイド

【まとめ】

高級パティスリーのケーキということで、当たり前だがどれも見た目・味共にとても満足のいく物ばかりであった。スパイスが効いた一風変わった物から伝統菓子まで幅広く取り揃えているので、是非皆さんもケーキを食べたくなった時や誰かへのプレゼント・お土産の一つの選択肢として、表参道にあるスペインのこのパティスリーを訪ねてみてください。

チョコレートも買ったのだがその紹介はまたの機会に。

 


 

私はチョコが好きだ

チョコレート、ショコラ、呼び名は何でもよいが、あの茶色の甘い塊が私は大好きだ。

 

大して舌が肥えているわけでもないのに1粒の高級なチョコレートを時間をかけて味わう時もあれば、比較的安価なチョコレートを口一杯に頬張り自分を甘さで満たしたい時もある。

 

そのため「チョコ」と書いてあれば私の中で、不味いものは出てこない、と勝手に解釈する。

(食べた後後悔することもあるのであまりに勝手な解釈である)

 

また、一応チョコ好きの一人として、サロン・デュ・ショコラ、にも足繁く通っていた。

www.salon-du-chocolat.jp

(ある番組で芸能人の方がこの紹介をし始めてから、

チョコレート人気に火がつき、それ以来足が遠のいてしまったが)

 

なので、私よりも詳しい方が沢山いるのは承知で、何回かに分けて最近食べたチョコレートの記事を投稿しようと思う。

ちなみに最近食べたのは下の3つであり、どれも美味しかったので少しでも文章で美味しさを皆さんに伝えたい。

 

 JEAN-CHARLES Chocolatier ROXHOUX(ジャン-シャルルロシュー

 Olivier Vidal(オリヴィエヴィダル

 bubo BARCELONAブボ・バルセロナ

 

チョコレート好きな方から見るとメジャーなブランドばかりだが、「ちょっといいチョコレートと言えばゴディバリンツ、高いチョコレートはジャン=ポール・エヴァンかピエールマルコリーニしか知らない」という方には、今度自分へのご褒美として食べる時、誰かに贈り物をする時、に役立つかもしれないので是非見てほしい。

 

リンツゴディバもジャン=ポール・エヴァンもピエールマルコリーニも私は大好きだ。特にジャン=ポール・エヴァンのアイスが絶品であることは信じて疑わない。

 

というわけで、次回からは少しだけチョコレートについて投稿させていただきますのでお楽しみに!

 

f:id:belcanto29:20210411014156j:plain

 

写真は軽井沢にある星のリゾートホテルブレストンコートにて購入できる、ボンボンショコラである。お気に入りなので是非紹介したかったのだが、食べ終わった後に写真を撮っていない事に気づきもう後の祭りだったので、せめて美味しかったことだけでもお伝えさせていただく。軽井沢へお越しの際は是非。

ルバーブや山葡萄、山椒といった調味料を使っており、とても面白い味だが、決して奇を衒っているわけでなく、チョコレートそのものがとても美味しいのである

 

ノートの1ページ目は綺麗に書ける

2021年4月10日。
何かを新しく始めてみたいと思いブログを書き始めた、30台の男です。
ここでは、個人的な興味をがあるものを発信していき、
自分の趣味趣向を言葉で伝えられるような
自分のための自分探しのブログを綴っていきます。
自分と同じものを好きな人と繋がって世界を広げたり、
偶然このブログが目に留まった方にも、
何か役立つものを持ち帰ってもらえるような情報も書いていきたいと思います。
初めての投稿はこれくらいにして、
最低でも半年(2021年10月)は続くように、
ヨーイ始め!